8889's OWLS

現在お店にいるフクロウ一覧です。体調などによりいない時もありますのでご了承ください。

パティ(メンフクロウ)

性別 不明

体重 350g

性格 内弁慶

好きな事 耳をいじられる

似てる人 剛力彩芽

触る時の注意 口が臭い

 

 

パティ・スミス(1946- )

パンクの女王と呼ばれた、ニューヨーク・パンクの代表的アーティスト。ランボーに多大なる影響を受けた、詩人でもある彼女の独特な歌唱法と生々しい声に、彼女特有の世界感のある詩が混ざり合うとパンクというカテゴライズにとどめておくのは不可能である。

ニコ(モリフクロウ)

性別 不明

体重 450g

性格 へこたれない

好きな事 餌かくし

似てる人 山崎努

触る時の注意 甘え鳴き

 

 

ニコ1938-1988

モデル・歌手。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの1967年のファースト・アルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』にてヴェルヴェット・アンダーグラウンド参加。アルバムではニコは4曲リード・ヴォーカルをとった。

ルー(モリフクロウ)

性別 不明

体重 400g

性格 ビッチ

好きな物 ヒヨコの足

似てる人 ジョンベネちゃん

触る時の注意 外ばかり見る

 

 

ルー・リード(1942-2013)

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのヴォーカル・ギタリストとして名を馳せ、後のパンク・ロック/ニュー・ウェイヴ、オルタナティヴ・ロックにも大きな影響を与えた。自身の詩作を重視し多彩な音楽性を往還しながらあくまでもそれらをロックとして成立させる技術は天才的。

フー(ブラジルモリフクロウ)

性別 不明

体重 330g

性格 いじけやすい

好きな事 水浴び

似てる人 叶恭子

触る時の注意 一番不人気で切ない

 

 

The Who(1964-)

ビートルズ、ローリング・ストーンズと並、イギリスの3大ロックバンドの一つに数えられる。デビュー当初はモッズカルチャーを代表するバンドと評されたが、その後ロックオペラというジャンルを確立したり当時貴重なシンセサイザーをミニマル・ミュージック風に導入するなど、先進的な音楽性を持つバンドとなる。

レッド(アカアシモリフクロウ)

性別 不明

体重 380g

性格 ものしずか

くせ 威嚇

似てる人 仲代達也

触る時の注意 アンニュイな表情がうつる

 

レッド・ツェッペリン(1968-1980)

ジミー・ペイジがヤードバーズ後新たに立ち上げたLEDZEPPELIN(ZED)は出すアルバム毎全英か全米で1位という凄まじいセールスを記録し名実ともに70年代を代表するロック界のキングとなる。所謂ハードロックにとどまらない楽曲が多く民族音楽、ファンク、サイケデリック等、様々な音楽を取り入れたZED特有の楽曲は今さかのぼって彼らの昔のアルバムを聴いてみても、少しも古さは感じない。

トト(アフリカオオコノハズク)

性別 不明

体重 240g

性格 好奇心旺盛

好きな事 藁小屋の破壊

似てる人 ランボーの頃のスタローン

触る時の注意 いい子すぎる

 

 

TOTO(1975- )

メンバーは高校時代にバンドを組んでいたが1975年、ボズ・スキャッグスのアルバムの制作時に再び集まったのがきっかけで、TOTOは結成された。1980年代のシンセサイザーやサウンドエフェクトを多用したスペイシーミュージックの先駆者バンド。

ニル(アフリカオオコノハズク

性別 ♀

体重 250g

性格 動じない

好きな事 ニットかじり

似てる人 ジョルノジョバーナ

触る時の注意 かわいすぎる

 

ニルヴァーナ(1987-1994

メジャーレーベル移籍後の2ndアルバム『NEVERMIND』大ヒットによりグランジブームを起こす。その後のアルバムもチャートインするも、ボーカルのカートはプレッシャーに耐えきれずドラッグにのめり込んでいった。1994年4月5日にシアトルの自宅にてショットガンで頭を撃ち自殺。

シド(アフリカオオコノハズク

性別 不明

体重 240g

性格 やんちゃ

特技 びっくり目

似てる人 ティムバートン映画でのジョニーデップ

触る時の注意 ちょう活発

 

セックスピストルズ(1975-1978

マルコムが経営するブティック「SEX」の客を自身がスカウトしできたパンクバンド。当時のイギリスの若者たちの社会に対する怒りや不満が追い風となり、そして途中加入のシドビシャスのパンキッシュな人物性によりまたたくまにイギリスにパンクムーブメントを起こす。シドは薬物過剰摂取により21歳の若さで亡くなる。

キング(オオフクロウ

性別 不明

体重 660g

性格 おっとり

好きな事 くちばしを掻かれる

似てる人 ナタリーポートマン

触る時の注意 垂涎

 

キングクリムゾン(1968-

ロバート・フリップ率いるプログレバンドの王。デビューアルバムの「クリムゾン・キングの宮殿」はビートルズのアビーロードを全英No1の座から引きずり下ろした。「21世紀の精神異常者」に始まり「風に語りて」「エピタフ(墓碑銘)」は、ポップでありながら異常なほどのテンションの高さも合わせもつ未だに聴く者をゾクゾクさせる時代を越えた名曲。

コステロ(メガネフクロウ

性別 不明

体重 1000g

性格 ひょうきんもの

好きな事 肩のリ

似てる人 河原さぶ

触る時の注意 すぐ肩に乗ろうとする

エルヴィス・コステロ(1954-

70年代から現在にかけて随一のシンガーソングライターであり音楽的自由人。パブロックのカリスマ、ニックロウのプロデュースにより「レスザンゼロ」で世に登場。当時はパンクテイストで「怒れる若者」と呼ばれる。現在では音楽の幅は広くギターのハードなものからクラシックやジャズ・スタンダード、レゲエ、アイルランド民謡まで実に懐が深くスペシャルズをはじめプロデュース業も多い。

ビリー(ウサギフクロウ

性別 不明

体重 600g

性格 こわがり

苦手なもの 帽子、ファー

似てる人 若い頃の美輪明宏

触る時の注意 触れ合いに向けて特訓中

 

スマッシング・パンプキンズ(1988-

ニルヴァーナよりもデビューが早かったにも関わらずニルヴァーナの後追いバンドのような見方をされていた、ニルヴァーナの成功の最大の被害者繊細さと凶暴さ、それに美しさと悲しみが渾然となったカオスの世界の中でビリーのあの独特の声が響き渡る。

スージー(スピックスコノハズク

性別 不明

体重 110g

性格 臆病

悩み事 食べ方がヘタ

似てる人 千葉真一

触る時の注意 優しく優しく

 

スージー・アンド・ザ・バンシーズ(1976-1996

セックス・ピストルズの親衛隊であったボーカルのスージー・スーとベースのスティーヴ・セヴェリンを中心に結成ファッション、メイク、佇まいの全てにパンクとゴシック(呪術的という概念で)を最短距離で結びつけ、それを音にしヴィジュアルとしても具現化したバンド。

ポップ(ヨーロッパコノハズク)

性別 不明

体重 80g

性格 繊細

好きなもの うずらの心臓

似てる人 岩下志麻

触る時の注意 台の上に乗せて触るのがオススメ

 

 

イギー・ポップ(1947- )

もともとはドラマーだったが1967年に結成したザ・ストゥージズでボーカリストとなる。衝動的なボーカル、過激で暴力的なライブパフォーマンスでパンク・ロックの先駆けとなった。2010年には「最悪の顔有名人」の1位に選ばれてしまったカリスマミュージシャン。

イギー(ヨーロッパコノハズク)

性別 ♀

体重 140g

性格 ツンデレ

好きな事 犬観察

似てる人 ワハハの梅ちゃん

触る時の注意 疲れやすい

 

 

イギー・ポップ(1947- )

もともとはドラマーだったが1967年に結成したザ・ストゥージズでボーカリストとなる。衝動的なボーカル、過激で暴力的なライブパフォーマンスでパンク・ロックの先駆けとなった。2010年には「最悪の顔有名人」の1位に選ばれてしまったカリスマミュージシャン。

ただ今お休み中のフクロウ

 

 

 

ジミ(サバクコノハズク)

性別 不明

体重 140g

性格 素直

特技 首かしげ

似てる人 米倉涼子

触る時の注意 極小なので優しく

 

 

ジミ・ヘンドリックス(1942-1970 )

今当たり前のように使われてるサウンドが当たり前じゃない時代に それを当たり前にしたギターの天才。テクニックと多彩な音楽ルーツをベースにした高い音楽性のみならず、ライブパフォーマンスにおいても、それまでの常識を遙かに越え4年間という短い活動期間でありながらロック界に多大な変革と影響を残した。

ジャニス(コキンメフクロウ)

性別 ♀

体重 170g

性格 控えめ

特技 スクワットからのひと鳴き

似てる人 梶芽衣子

触る時の注意 足の力が強い

 

ジャニス・ジョプリン(1943-1970)

27歳の若さで亡くなった伝説のロッククィーン。魂を絞り出すような唯一無二の歌唱力でロック、ブルース、カントリー、R&B、ジャズなどを融合させた新しい音を目指していた。遺作の『Pearl』の中の「生きながらブルースに葬られ」は本人の歌が録音出来ないまま演奏だけが収録されている。

ジャム(コキンメフクロウ)

性別 不明

体重 180g

性格 落ち着きがない

特技 ガン飛ばしからの逃げ

似てる人 勝新太郎

触る時の注意 隙あらば飛ぶ

 

THE JAM1977-1982

イギリスのロックバンド。ポール・ウェラーを中心にしてロンドンでデビュー。初期はパンキッシュな部分が色濃かったが、モッズ・スタイルを打ち出し、R&B方面にもアプローチをすることでオリジナリティーなジャムサウンドを確率、イギリス国民を虜にした。